ララフィンサーカス

『La・La・Fin CIRCUS(ラ・ラ・フィン サーカス)』~第3章「やくそく」~12月1日(土)からスタート!

国内水族館で初めてエイベックスが企画・制作   劇場型イルカパフォーマンス!

『La・La・Fin CIRCUS(ラ・ラ・フィン サーカス)』~第3章「やくそく」~12月1日(土)から開催いたします!

 

ララフィンサーカス

 

”冬なのにあったかい”をテーマにした第3章「やくそく」は、

第1章「友情」・第2章「たいせつ」を通じてイルカと仲良くなる方法を教わったサーカス団が、イルカとの深い絆を築くために必要なことをトレーナーから学ぶようすを描きます。

本章は、団長がイルカへプレゼントを渡すシーンなど、クリスマスを連想する要素を取り入れ、アップテンポやバラードなど、ストーリーの展開に合わせて変化する音楽の曲調と、

それに合わせたイルカのパフォーマンスは、観客の皆さまに楽しさ・切なさなどさまざまな感情をもたらします。

 

さらに、12月23日(日)、24日(祝・月)限定で立命館大学交響楽団のフルオーケストラによる生演奏とコラボレーションした特別プログラムをお届けいたします。

京都にゆかりのある2者のコラボレーションにより、冬の夜空を舞うイルカの美しさが幻想的に演出され、観客の皆さまを特別なクリスマスへといざないます。

 

 

[あらすじ]

宇宙をまわって子供たちを楽しませる4人組の「スペースサーカス団スパーク一座」は、第1章「友情」、第2章「たいせつ」で、トレーナーからイルカと仲良くなる方法を教わり、冬の京都水族館にも遊びにやってきます。

スパーク団長は、自分の元に届いたファンレターに書かれたあるストーリーの内容からイルカとの「別れ」を想像します。

悲しい気持ちになるサーカス団に、トレーナーは、いつか別れがきたとしても自分たちやイルカとの間には、距離に負けない絆やつながりがあるということ、

そしてその絆を深めていく上で必要なことを語り掛けます。

 

お客様も身体を動かしてパフォーマンスに参加できる演出を取り入れているようなので、小さなお子さまからご年配の方まで、寒い冬に一緒に温かくなりましょう!

 

<開催概要>
開催期間:2018年12月1日(土)~2019年3月15日(金)
開催場所:「イルカスタジアム」

※1公演あたり約20分
料金:無料※別途京都水族館への入場料は必要となります。
※いきものの体調等により予告なく内容を変更する場合がございます。

施設名:京都水族館
住所:京都市下京区歓喜寺町35-1(梅小路公園内)
営業時間:10時~18時
(2018年12月22日(土)~12月24日(祝・月)の期間は営業時間を10時~20時まで延長します。)
休館日:なし(年中無休) ※施設点検、気象状況などで臨時休業あり
※入場料はHPをご参照くださいませ。

京都水族館のホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高さ約10メートルから降り注ぐ巨大ウォーターカーテンが登場。夏限定アトラクション「BASSHAAA…
  2. ―南座新開場記念『京都ミライマツリ2019』Supported by SUNTORYー昼マ…
  3. 京都の里山を再現した自然空間で体験して学ぶ『里山教室2019~里山で遊ぼう~』を開催5月の…
PAGE TOP