ボルシチ

【連載:料理研究家 三好 沙織のカラダが喜ぶお料理レシピ#15】

【牛すじでボルシチ】

ボルシチ

 

 

<牛すじの下処理 >

1、牛すじを鍋に入れて、かぶる程度の水(分量外)を加えて蓋をせず加熱します。グラグラと沸騰してきたら、中火にして5分ほど加熱します。

2、火を止め、ザルにあげ、お水でよく洗います。好きな大きさに切ります。(大きめに切る)

3、圧力鍋に牛すじ・お水・お酒・生姜・ネギの青い部分を入れ、蓋をし加圧していきます。(加圧後約15分)

4、加圧時間が終了したらそのまま余熱で放置し、圧力が下がったら蓋を開け調理していきます。

※圧力鍋によって、加圧中の火力調整の方法が異なります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

 

 <材料>
・牛すじ・・・・・・・・・・・・・・・・400~450g
・ビーツ・・・・・・・・・・・・・・・・500g
バター・・・・・・・・・・・・・・・・15g
たまねぎ(細かく刻む)・・・・・・・・・中1個
にんにく(スライス)・・・・・・・・・・2かけ
牛すじストック(茹で汁)・・・・・・・1.2~1.3リットル
人参(皮を剥き乱切り)・・・・・・・・・大1本
ジャガイモ(皮をむいておく)・・・・・・中4
セロリ(細かく刻む)・・・・・・・・・・1本
ブイヨン・・・・・・・・・・・・・・・1本
味の素固形コンソメ・・・・・・・・・・3個(スープの量によって数を調整)
きゃべつ(ザクザクと大きめに切る)・・・小1/4個
塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・適宜
マスカルポーネ・・・・・・・・・・・・適量
ディルの葉・・・・・・・・・・・・・・適量

 

 <作り方>

1、牛すじを下処理している間に具材を準備する。

2、下処理した1の牛すじと他の材料を圧力鍋に入れ、蓋をし加圧していきます。(加圧後弱火で約20分)

3、加圧時間が終了したらそのまま余熱で放置し、圧力が下がったら蓋を開け、浮いている余分んな油や灰汁を取り除く。

4、仕上げに塩故障で味を調え、お皿に盛りつけたらマスカルポーネとディルの葉を乗せて出来上り。

 

 

三好 沙織プロフィール
料理研究家 三好 沙織(ミヨシ サオリ)さん
<活動>
日本の四季を愉しみ、お野菜多めの体が喜ぶ、毎日食べたくなる家庭料理を広める活動をしている。
都内を中心にカフェやレストランのメニュー開発を仕事とする。
2017年茨城県龍ケ崎市のアンバサダー就任。
instagram:SAORI_OKANO

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 京都市梅小路公園「緑の館」内『京野菜レストラン梅小路公園』がリニューアルオープン!~旬の京…
  2. 高さ約10メートルから降り注ぐ巨大ウォーターカーテンが登場。夏限定アトラクション「BASSHAAA…
  3. ―南座新開場記念『京都ミライマツリ2019』Supported by SUNTORYー昼マ…
PAGE TOP